<< November 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< あけましておめでとうございます | main | 出産します >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- | permalink | - | - |
女性の高齢出産に関して
  この数年、しきりに女性の妊娠可能年齢について語られることが多くなりました。
 そこで驚くのが、卵子の老化、卵子の数といったことについて、多くの人が無知であるという主旨の報道です。「そんなこと教わらなかった」という声が次々に飛んできます。

 しかし、知ろうとしなかった人々の側にも問題があると敢えて言いたいと思います。「教えてもらわなかったから知らない」とは、何と情けない言い訳でしょうか?
 女性の体のつくり、生理や妊娠の仕組み、そういったことを丁寧に知ろうとする姿勢があれば、自然とそのような情報にも行き当たったはずです。

 多くの人が、しっかりとした避妊の大切さや、ピルを効果的に生活に取り入れることの重要性を語ってきました。微力ではありましたが、私もそうです。
 それは決して、「妊娠なんて後でいい、40歳でも45歳でもいい」という意味ではありませんでした。子供を持ちたいと真剣に欲するそのときのために、自分の体を大切に守ろう、ただそれだけを伝えたかった。
 人によっては、「そのとき」が40代以降となることもあるでしょう。それがいけないのではありません。その人の人生の、渾身の選択だったなら、誰が責められるでしょうか。それによってその人が苦しむことがあったとしても、誰が彼女に後ろ指をさせるでしょうか。

 知ろうとしなかったことを棚上げし、
「高齢出産は恐るべきこと」
「早く産まない女性はけしからん」
 短絡的にそう思い込み、叫び声を上げる…そういった流れが生まれないことを祈っています。
女性の医療と健康 | permalink | - | - |
スポンサーサイト
- | permalink | - | - |