<< November 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- | permalink | - | - |
女性の高齢出産に関して
  この数年、しきりに女性の妊娠可能年齢について語られることが多くなりました。
 そこで驚くのが、卵子の老化、卵子の数といったことについて、多くの人が無知であるという主旨の報道です。「そんなこと教わらなかった」という声が次々に飛んできます。

 しかし、知ろうとしなかった人々の側にも問題があると敢えて言いたいと思います。「教えてもらわなかったから知らない」とは、何と情けない言い訳でしょうか?
 女性の体のつくり、生理や妊娠の仕組み、そういったことを丁寧に知ろうとする姿勢があれば、自然とそのような情報にも行き当たったはずです。

 多くの人が、しっかりとした避妊の大切さや、ピルを効果的に生活に取り入れることの重要性を語ってきました。微力ではありましたが、私もそうです。
 それは決して、「妊娠なんて後でいい、40歳でも45歳でもいい」という意味ではありませんでした。子供を持ちたいと真剣に欲するそのときのために、自分の体を大切に守ろう、ただそれだけを伝えたかった。
 人によっては、「そのとき」が40代以降となることもあるでしょう。それがいけないのではありません。その人の人生の、渾身の選択だったなら、誰が責められるでしょうか。それによってその人が苦しむことがあったとしても、誰が彼女に後ろ指をさせるでしょうか。

 知ろうとしなかったことを棚上げし、
「高齢出産は恐るべきこと」
「早く産まない女性はけしからん」
 短絡的にそう思い込み、叫び声を上げる…そういった流れが生まれないことを祈っています。
女性の医療と健康 | permalink | - | - |
子宮頸がん検診の無料クーポンをもらいました

 先週末、連休中。
 住んでる市から、
「女性特有のがん検診 ご案内在中」
 と書かれたA4サイズの封筒が到着…

 子宮頸がん検診が指定の医療機関にて無料で受けられるクーポン券とそのご案内でした。

これです

『平成21年度(2009年度)補正予算によって、日本のがん検診受診率を50%にあげることを目標として、女性特有のがん対策が講じられることになりました。具体的には、ある年齢の方々に対する「がん検診無料クーポン配布」が決まりました。
 この施策により全国の市区町村で前年度に(昨年の4月2日から今年の4月1日までのあいだに)20歳、25歳、30歳、35歳、40歳になった女性の方には「子宮頸がん」無料検診を受けていただくことができます。(検診自体は、10〜20分程度で終わるのが普通です。)

 同封の「検診手帳」の説明を読んで、下部にある「がん検診無料クーポン券」を使って、どうぞ、あなたの健康のために、あなたのがんを早期に発見し、早期に治療するためにがん検診を受けてください。』

 とのこと。

 実施医療機関の一覧を見たら…

 自分が通ってるクリニックの名前がしっかりと〜♪

 相変わらずピルを愛用しているので、子宮頸がんの検診は何度も受けています。そろそろまた行かなくちゃなーと思っていたところで、ちょうどいいタイミングです。うふふ。
 クーポン使えるか聞いてみよう…


 しかし、補正予算…

 政治どうなるんでしょうね。子ども手当てとか…わたし子どもは産みたいけど、これはなんか心配だよう

女性の医療と健康 | permalink | - | - |